2014.09.04

子供の病気は食事で治す

子供の病気は食事で治す

子供の病気は食事で治す

体質と発達に合わせた食養生と酵素食

著者 内山 葉子
発売日 2014.9.4
価格(税抜) 1,512円
購入方法 Amazonで購入
著者プロフィール
関西医科大学卒業。大学病院・総合病院で腎臓内科・循環器・内分泌を専門に臨床・研究を行った後、福岡県北九州市で葉子クリニックを開設。現在、同クリニック院長。医学博士、総合内科専門医、腎臓内科専門医、ホメオパシー専門医。全人的な医療に基づき、自然医療や漢方・機能性食品などの補完・代替医療と西洋医学、こころのケアなどを統合的に行い、さまざまな分野の難治性の疾患の診療を日々行っている。
内容紹介
アレルギー、発達障害、肥満・糖尿。ADHD・自閉症と診断されても落ち込まないで!薬だけにたよらず食事と生活環境を変えていくだけでも症状が落ち着くのです。

【目次】
序章 間違いだらけだった「ベストセラー育児書」(世界的なベストセラーが植えつけた“間違った育児”/“常識”を信じたままだと危ない/給食の牛乳をやめた学校では不登校もアトピーも減っている/子どものときからの食生活が、“病気大国”日本を変える)/第1章 子どもの年齢によって適した食事がある(胎児の食事ーお母さんは何を食べたらよいか/赤ちゃんの食事ー最適な食事は何といっても母乳/三歳からの食事ー子どもの食物とエネルギー代謝/一五歳からの食事ー身体の基盤をつくる)/第2章 こんな子どもの病気の原因に食べ物があった!(異常な行動をする子どもたちーある種の食べ物や薬が「発達障害」の子を増やす/重金属と添加物は子どもに深刻な害を与えるーワクチン、歯科金属、加工食品は危険な物質/糖と肥満と反応性低血糖症ージャンクフードと高GI・高糖化食品の怖さ)/第3章 アレルギーは食養生で治す(アレルギーの原因となるものを除去する/遅延型アレルギーは腸を元気にすれば改善する)/第4章 免疫力を高める腸内細菌と酵素(腸ー栄養吸収や免疫を左右する最も重要な臓器/免疫ー人体を守るスーパー・システム/酵素ー体内に二万種類あって猛スピードで働く/サプリメントー正しい食生活をしていることが前提)