2021.04.07

求職申込勧奨における「お祝い金」の禁止について

今回は、職業紹介事業についてお話をさせていただきます。
有料職業紹介事業は、厚生労働省の許可を得て行っており、許可なく職業紹介を行うことはできません。また紹介を行う上で、職業安定法・労働基準法など深くかかわってきます。
求職者にあたる医師の皆様にもかかわってくる情報もございますので、不定期ではありますが今後配信していきたいと思っております。
今回は、「求職申込勧奨における「お祝い金」の禁止について
令和3年4月1日より職業安定法に基づく指針が一部改正され「就職お祝い金」などの名目で求職者に金銭等を提供し求職申し込みの勧奨を行うことが禁止になりすでに施行されています。
以前は「このましくない」ということでしたが、禁止になりました。
大きな理由としては、
1、求職者への金銭の提供ではなく、職業紹介の質を向上させそれPRしていくこと。
2、転職祝い金を提供するなど転職を勧奨し繰り返し手数料を得ようとする事例が増えていること。
以上のことから需給調整機能をゆがめ、労働者の雇用の安定を阻害する行為であり行ってはならない。〈以上、厚生労働省 労働局から抜粋〉とのことです。
求人のご紹介を受けられるうえで、各紹介所の対応また希望する求人の提供など比較されご依頼をされることをお勧めいたします。
弊社は、厚生労働省及び関係団体からの通達また講習会など積極的に参加し、厚労省が運営する「人材サービス総合サイト」において、各情報の開示と「医療・介護・保育分野適合宣言紹介事業者」です。
今後も良質な職業紹介を心がけてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。